トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

ワールドマスターズゲームズ

0

    駒田タイムリーヒット、桑田登板なし!

     硬式野球リハーサル大会 アジアエキシビジョン(11月30日)

     

     2021年5月に関西一円で開催されるワールドマスターズゲームズ(MWG)のPRイベントが、三木防災公園野球場で開催されました。好天に恵まれ、会場には多くの野球ファンや報道関係者が集まりました。

     日本マスターズ選抜チームと海外マスターズ選抜チームが対戦し、日本選抜が前半の6点差を徐々に追い上げ、最後は10対8で逆転勝ちをおさめました。

     日本選抜の監督は、桑田真澄(元巨人)で登板も予定されていましたが出番はありませんでした。駒田徳広(元巨人・横浜)は、タイムリーヒットを放つなど、57才とは思えないほど元気なプレーを見せていました。

     海外選抜は、フィリピン、インドネシア、タイ、スリランカ、ネパールのアジア圏でのチーム構成でした。印象に残ったのは、インドネシア選手のコンパクトに振りきるバッティングでした。

     関西国際大の野球部員もボールボーイなどのボランティアとして参加しました。

     

    三木防災公園野球場

     

    会場には参加選手の国旗が掲げられました。
    始球式

     

    西上県教育長と大会マスコットのスフラ
    駒田徳広選手

     

    ダイナミックなフォームはさすがに元プロ野球の「満塁男」
    川端友紀選手

    (東京ヤクルト川端選手の妹)

     

    女子野球のメンバーも日本選抜に加わりました。

    チャンスを広げるヒットも放ちました。


    閉会式

     

    PL学園のユニフォーム姿の桑田監督


    記念写真

     

    両チームの選手とスタッフがいっしょに写真におさまりました。
     

     ※世界最大の生涯スポーツの国際総合競技大会である、ワールドマスターズゲームズが2021年5月に関西で開催されます。

     35競技59種目に国内外から5万人の参加が予想されています。三木市では、ブルボンビーンズドームでテニス競技が実施されます。

     30歳以上なら、予選なしで誰でも参加できますので、私も陸上競技に出場しようと思っています。

     

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    mobile

    qrcode