トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

総務文教常任委員会

0

    三木市議会総務文教常任委員会(11月14日)

     

     総合政策部、総務部等、市民生活部、教育委員会からの報告事項及び所管事項の審査を行いました。

     

    【報告事項】

    総合政策部

    損害賠償金等を前市長に求債

    (神28年1月3日付「市民への皆さまへ」発行経費 268,504円

    市民の皆さまへ

     

    前三木市長が市長在任中に個人的な理由で、事実と異なる虚偽の内容で広報を臨時的に発行したことで市に損害を与えたので、その損害賠償が求められました。

     

    印刷費用、新聞折込、配達費用

            250,322円

    遅延損害金     18,182円

             計  268,504円

     

    ※「2次会に参加した部長等は民間の方が参加することは知らされておらず」という記述内容は、100条委員会でも虚偽の内容であることは明らかになりました。

    公費を投入して、なぜ、このような公報を発行したのか。その責任が明らかになったものと考えられます。
    ∧神29年損害賠償請求事件に係る経費  445,752円

     三木市長等倫理条例に定める手続き要件である市民1900人の署名を添えて審査請求書を提出したところ、三木市長等倫理審査会に審査を請求せず送り返されたために精神的苦痛を被ったとして、市民4人が市に損害賠償を求めた裁判の判決が、神戸地方裁判所から下されたことによるもの。

    ※前三木市長に対する2件の損害賠償金の計714,256円は、すべて完納されています。

     

    ○台風19号災害に係る職員派遣

     三木市は、「災害時における相互応援協定」を以下の自治体と締結しています。

     ・静岡県小山町…ゴルフ場利用税堅持に向けて共に行動している

     ・福井県若狭町…原発事故発生の際の避難先となる

     ・岐阜県垂井町…黒田官兵衛ゆかりの地

    ※今回は小山町に三木市から2名の職員が派遣されましたが、物資や人的支援の必要は無いことが確認されました。

     

    総務部

    ○公共施設再配置計画策定に係る評価方法

    ・施設カルテや劣化状況調査により得た情報を、ハード面及びソフト面の視点から分析・評価を行い、4つに分類する一次評価を行う。(令和元年11月末完了予定)

    ・一次評価結果を踏まえて、現サービスについて、市が主体となって提供すべきか否か、統合や複合化が可能か否かなどを検討する二次評価を行う。(令和2年2月末完了予定)

    ・二次評価結果を基に、施設ごとに「継続、統合、複合化、廃止等」の方針を示した再配置方針(案)を策定する。(令和2年3月末予定)

     

    市民生活部

    三木市一般廃棄物(ごみ・生活排水)処理基本計画(案)のパブリックコメント

    ※提出された市民からの意見は0件

     

    三木市空家等対策計画(案)のパブリックコメント

    ・募集期間…令和元年11月26日〜12月25日

    ・閲覧場所…三木市役所、吉川支所、各市立公民館、市ホームページ

    ※この計画は空家対策特措法第6条の規定に基づき、空家に関する対策を総合的かつ計画的に実施するために策定されるものです。

    ・基本方針 ゞ家の発生抑制と適切な管理

          空家の利活用

          4浜不全な空家への対応

          ざ家対策の計画的推進

     

    ○家庭から排出される水銀等を含む廃棄物の回収及び処理

      水銀を含む廃棄物は分別回収となります。(令和2年4月開始予定)

      〃峺灯、乾電池、ボタン電池

      た絛箍硬抃廖↓タ絛簑硫昂廖↓水銀血圧計

     

    教育委員会

    ○市立学校における職場環境等の調査

     神戸市における教職員のいじめ事案を受けて、人間関係やハラスメント等の職場環境に関して、全校長から聴き取り調査が行われました。

     その結果、現段階では人間関係の問題やパワハラ、セクハラ等の事実は確認されませんでした。

    ※教職員対象にストレスチェックを行い、各学校の職場全体の結果として学校長へフィードバックされています。

    ※職場での悩みやハラスメントの相談は、各校で窓口となる職員が指定されています。

     

    ○学校再編に関する実施方針及び統合に向けた準備

    統合準備委員会

     

    実施方針で示された統合については、各統合校区単位で保護者、地域、学校、教育委員会の四者で構成する統合準備委員会において協議しながら、円滑な統合に向けて準備が進められます。

     

    第1回統合準備委員会開催状況

     志染・緑が丘中学校校区

      10月28日

     吉川小学校区

      10月31日

    ※各校区では、委員長、副委員長、部会長、副部会長が決定しました。

     また、吉川校区では新しい学校名を検討することとなりました。

    ※統合準備委員会での協議内容や決定事項は、「統合準備委員会だより」や三木市教育委員会ホームページで知ることができます。
     

     

     

     

     

     


    関連する記事

    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    mobile

    qrcode