トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

東京パラリンピック

0

    ネパールテコンドー代表チーム歓迎レセプション(8月6日)

     

     東京パラリンピックに向けたネパールテコンドー代表チームの事前合宿が、ホストタウンである三木市において始まりました。

     今回の代表チームの合宿は8月5日〜11日で、三木山総合体育館やホースランド(エオの森)で練習を行います。

     ネパール初のメダルの期待がかかるパレシャ選手をはじめとする選手5名とコーチ・役員を囲んでの歓迎レセプションがホースランド(ミオの森)で開催され、書道パフォーマンスや記念品の交換などが行われました。

     10日には、三木市の子どもたちや一般市民との、テコンドー体験などによる交流も予定されています。

     

    レセプションのオープニングとして行われた書道パフォーマンス
    選手団には、必勝鉢巻や扇子などの応援記念品が贈られました。
    仲田市長による歓迎あいさつ
    選手・コーチとの記念写真

    選手は二人とも10代です。
    西本教育長の手にあるのは、ネパールからの記念品です。
    三木市にも記念品が贈呈されました。
    全員で記念写真
     

    パラテコンドーについて

     パラテコンドーは、2009年に初の世界パラテコンドー選手権が実施された新しいパラ競技です。

     身体障害者を対象にしたキョルギ(組手)と知的障害者を対象にしたプムセ(型)の2種目があります。

     今回のネパール代表には、キョルギに3名、プムセに2名の選手がいます。

     

     

     

     

     

     

     


    関連する記事

    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode