トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

現地研修

0

    連合北播地域政策フォーラム視察研修会(8月1日)

        〜あの夕張市の今〜

     

     視察研修2日目は、夕張市を訪ねました。

     夕張炭鉱の歩みを紹介する石炭博物館を見学しました。かつて炭鉱の町として栄えた頃(昭和35年)には、人口10万人を数える夕張市でしたが、鉱山の閉鎖により、人口は激減しました。

     さらに、観光施設の過大投資などの理由で、平成18年には巨額な負債を抱えて財政が破たんし、財政再建団体になりました。現在の人口は約8000人となっています。

     夕張商工会議所の専務理事から夕張市の現況についてレクチャーを受けました。国や道の支援もあり、負債の返済もすすみ、全国的に有名な「夕張メロン」や中国資本による観光リゾート施設の再建などで、活気を取り戻しつつあるとのことでした。

     本年4月にJR線が廃止されるなど、課題もまだありますが、市民の力でまちの再生が確実に進んでいることを実感しました。

     

    夕張市の財政再生計画
    石炭博物館

     

    火災のため地下坑道の見学はできませんでした。
    手掘りによる採炭作業
    削岩機による採掘
    お祭りの人出でごった返すかつての夕張市の中心街(昭和30年代)
    夕張市役所

     

    庁舎内には銀行の支店もあります。
    建設が進む拠点複合施設

     

    周辺には、市営住宅もできており、コンパクトシティをめざしています。
    映画のまち夕張

     

    幸福の黄色いハンカチ」のロケ地としても知られています。
    講義「夕張市の概況と産業振興への課題」

    (夕張商工会議所)
    高付加価値がすすむ夕張メロン
     

    ※「夕張問題」は全国の自治体にも大きな影響を与えました。

     とりわけ財政の健全化において「第二の夕張」を出さないように国の制度も改善されました。

     

     

     

     

     

     


    関連する記事

    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode