トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

行政視察

0

    総務文教常任委員会行政視察 複祁23日)

     

     総務文教常任委員8名で、7月23・24日の2日間、福岡県と山口県に行政視察を行いました。

     初日は、福岡県飯塚市を訪問しました。飯塚市では、統廃合により、市内すべての学校を小中一貫校にしています。この日は、1中学校、2小学校の統廃合により施設一体型の小中一貫校となった飯塚市立小中一貫校幸袋(こうぶくろ)校において、学校長、教頭および市教委担当者から説明を受けました。その後、校舎等の施設見学を行いました。

     飯塚市では、建設する小中一貫校の整備方針及び建設適地について、保護者や地域住民が主体となって検討したことにより、新しい小中一貫校を地域全体で支えることが期待されています。

     

    飯塚市役所

     

    かっては筑豊炭田の中心都市として栄え、周辺部との合併により人口約12万8千人となっています。
    小中一貫校幸袋(こうぶくろ)校

     

    平成28年4月開校

    小学部486名、中学部233名

    地上4階、地下1階

    児童センターを併設


    校舎内

     

    階段を除き床はすべて板張りです。
    屋上にあるプール

     


    パソコン室

     

    40台のデスクトップ型のパソコンとタブレットが設置してあります。
    広い体育館

     

    2階部分のギャラリーには観戦用のベンチもあり、武道場も別にあります。
     

    ※水洗トイレも完備されていますが、冷暖房用エアコンが一部の教室にしかないのが残念でした。

     飯塚市では、将来的な義務教育学校への移行は、今のところ構想されていないようです。

     高台にあるこの学校は、昨年の水害時に避難所となり250名が利用しました。

     

     

     

     

     

     


    関連する記事

    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode