トップページへ  基本理念  プロフィール  ご意見・お問い合わせ

金物まつり

0

    三木金物まつり2018(11月3日)

     

     今年で32回目となる、産業と文化の祭典三木金物まつり2018が、三木市役所前・周辺を会場としてスタートしました。

     金物展示即売や金物びっくり市を始めとする物産販売、文化・芸能発表、ステージイベントなど多彩な催し物で会場は賑わっていました。

     午後からは汗ばむほどの好天気で、2日間で約18万人の人出が見込まれています。

     第1回から行われている丸太切り競争も2日目に予定されています。私が教育委員会の職員だった時に企画したイベントですので、三木の鋸を使ったこの丸太切りが今も続いていることに感慨を覚えます。

     外国人の団体客や全国各地から大勢の人がこの金物まつりを楽しんでいる姿が見受けられました。

     

    オープニングセレモニー

     

    実行委員長の仲田三木市長あいさつ

    市議会を代表して内藤議長と初田民生産業常任委員長も登壇しました。
    ステージイベント

     

    オープニングでファンファーレも担当した三木中学校吹奏楽部の演奏が会場内に響き渡りました。
    キャラクター登場

     

    カナちゃんかなもんジャーが子どもたちの人気を集めました。
    金物展示即売

     

    各種の包丁がずらっと並んでいます。

    教え子ががんばっていました。
    金物展示即売

     

    全国的にも有名な肥後守です。

    ここでも教え子が伝統を受け継いでいます。
    金物展示即売

     

    ハンマーを購入しました。

    このブースにも教え子がいました。
    金物古式鍛錬

     

    昔ながらの鞴(ふいご)を使う鍛冶屋の仕事ぶりが解説を交えて紹介されました。
    戦国時代行列

     

    別所長治をはじめとする三木合戦にちなんだ武将たちが会場内を練り歩きました。
    物品販売

     

    酒米山田錦を使った純米酒を購入しました。

    石川県のお酒です。
    金物鷲の展示

     

    外国人も珍しそうにカメラを向けていました。

    由来などを英語で紹介してみたらどうでしょうか。
     

    ※来年の三木金物まつりは、三木山総合公園に会場を変更して行われる予定です。

     メイン会場は総合体育館などになると思われますが、市役所、文化会館、サンライフ三木、教育センターなどと分離してしまうような気がします。

     

     

     

     



    プロフィール

    カテゴリー

    過去の記事

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    mobile

    qrcode